ゆったりめの倉敷初名古屋着夜行バス

夜行バスは比較的安く遠くまでいけるので便利ですよね。
しかし他の公共交通機関と比べて疲れが溜まりやすいのがネック。
そんなときにバスの中で極力快適に過ごす方法をご紹介したいと思います。
まず、夜行バスの中で少しでも快適に過ごしたいのであれば、安すぎるプランのバスは避けましょう。
隣の人と腿と腿が密着するくらいの夜行バスに乗ったことがありますが、ストレスが溜まってしまい、リラックスするのはとても難しいです。
隣の席がどんな人になるかは自分で選べませんからね。
しかし、ある程度の人数の友だちと連番で席を予約することが出来れば、それもまた楽しめるかもしれませんね。
次に、座りながら寝ようとすると、どうしても首に負担がかかってしまいがちです。
そんなときに役に立つのが、首にかけるタイプのクッション。
ほんの少しのアイテムで驚くほど快適になるのでオススメですよ。
また、水分と少しの食料も用意しておきたいですね。
夜行バスはなかなか眠れなかったりしますが、お腹が空くともっと眠れません。
事前に食事を済ましている場合もありますが、なにか間食できるものがあればさらに安心ですよね。
しかしあまり周囲の人に迷惑にならないよう、音の出やすい食べ物は避けたほうがいいかもしれません。

バスの旅

最後に1番大切だと思うのが、周りの人への気遣いも大切ですが、もし座席をリクライニングさせたいのであれば、遠慮せずに言うことだったり、うるさ過ぎたり、ライトが眩しかったりする場合、早めに言うことだと思います。
次の予定を楽しむためにも、自分が快適に過ごすことが大切ですからね。



«
»