意外と寝れた長崎発大阪着の高速夜行バス

旅行の帰りは土産や着替えなどが多く、電車や飛行機でも移動時に億劫になります。
そこで自分が使う手は、夜行バスで浮いたお金で、もろもろの荷物を宅配便で自宅へ一式送って自宅まで楽に帰るという方法です。
初めはそれが目的で利用していましたが、夜行バスで荷物も送っているので夜行バスまでの時間まで結構遊べて遊ぶ時間が増えたように感じました。
これから夜行バスに乗るという方は、どこでも寝れるようになる必要があります。
あと、腰の痛みや肩こりの持病がある人は控えたりタオルやクッションを持参して自分に合ったように作った方がいいと思います。
また、ハイグレートのバスを一度使ってみましたが、確かに普通の夜行バスに比べて心地が良かったですが、きちんと寝れた時と比べるとイマイチで、自分の中ではあまりハイグレートにするメリットがありませんでした。
ハイグレートにするならいいタオルかブランケットを少し多めに持っていくのと同じように感じました。
最近、バスの事故とかが心配なので安すぎるものや休憩時間がないというものは運転手さんの負荷が大きいので、寝てる間に事故に合われると怖いので、きちんと休憩と運転手が2人体制のものを選びたいところです。



«
»