意外と寝れない岡山東京間の夜間バス

普通の高速バスと違って夜行をつかうときは時間も長くて、寝るしかないので、寝心地はとても大切です。
あまり安いところを使うと、満足に寝られず次の日に疲れを持ち越してしまうと思います。
私の利用したものは頭部カバーがありましたが、シートは固かったので寝にくかったです。
どこでも寝れると思っていたけど、さすがに長時間硬いシートでねると何度も起きたりしてしんどかったです。
なので、選ぶときはシートがしっかりと足を伸ばせたり、固くなかったり、視界を遮れるものだったり、アメニティがあることをしっかりと確認すべきだと思います。
また、普通のランクでは男と女は一応離れてはいますが近いので、気になる人だったら、女性専用とか独立シートがあるバスを使うと、ゆっくり寝られて疲れをとれると思います。
あとは、他の人への配慮として、暗くなったらスマホは触らないほうがいいです。
少しの明かりでも真っ暗のなかだと結構目立つので、他の乗客の迷惑になると感じました。
個人的には次はハイクラスのバスを使ってみたいです。
いつも東京に行くのに使っているので、少し高くてもいいやつにのって次の日楽しみたいなと思っています。
いつものだとやっぱり寝れたと思っても着いたときに疲れがとても残っているので。

«
»